Web&マーケティングコンサルタント|Cross&Crown LLC
  • Webサイト再生コンサルティング
  • Webマーケティングコンサルティング


top_m1

wk_17クロスアンドクラウンは、P/L再生を軸とした事業再生コンサルティングファームとして国内でも独自色の強いポジションを確保してきました。

短期間での業績改善を必須とするこの手法は大変難易度の高い手法ですが、クロスアンドクラウンはこの分野において大変多くのお客様に高い評価を頂き現在に至っています。

800社以上のお取り扱い実績(2013年8月末現在日本全国840社以上)の中、そのほとんどでWebマーケティングについてのご相談もお引き受けし大きな成果を上げ続けてきました。

その結果、中小企業向けコンサルティングサービスを中心としながらも、一部上場企業を含む各種大手企業、またネット選挙の解禁を受けてからは選挙戦に関してのwebコンサルティングも行っております。

またクロスアンドクラウン自体がその創業から今日までwebサイトだけでの集客を続けており、社内で積み重ねたトライアンドエラーからの知見を活かし続けています。

こうして蓄積されたノウハウを元にIT事業部門も創設、さらに電気通信事業者としてサーバーやセキュリティ事業も行うクロスアンドクラウンは単に口先だけではない本物の「経営とITのプロフェッショナル」であり、インターネットの普及とデバイスの多様化による消費者行動の変化など各種変化に柔軟にそして確実に対応していくための最良のパートナーとなり得ます。

webマーケティングの本質は、web「の」マーケティングではなくweb「と」マーケティング

wk_11webコンサルタントは世に多く存在しますが、webサイトからの収益を拡大し業績を向上させようとした場合、webに関する知識だけでは足りません。

なぜならwebサイトは業績の向上に寄与するために存在するただのツールであって、ツール以上のものにはなり得ないからです。最終ゴールはあくまでも収益の拡大であり業績の向上です。

もし貴社のwebサイトから望むような結果が出ていないならば、webマーケティングとはそもそも何かを考えてみるのが良いかもしれません。

一般にwebマーケティングと言うと、webサイトを使ったマーケティング、webの特性を考慮したマーケティングを指し、それ以上に踏み込まれることは少ないものです。

またweb製作事業者やSEO事業者が業容拡大に伴いコンサルティングを自称するサービスを提供するケースもあります。

しかし経営コンサルタントがwebコンサルティングを行う際の目線は異なります。

「売れない理由」をwebサイトに起因するものと販売・提供されている商品・サービスに起因するもの、また運用事業者に起因するものなど複数の要因から考えます。

webサイトの内容を見直し、上位表示させ、アクセス数を引き上げるだけで商品が売れるようになるならIT関連事業者は皆業績の悪化が起こらないはずです。

しかしクロスアンドクラウンの事業再生コンサルティング業務においてクライアント数上位に常に位置していたのがこうしたwebコンサルティングや製作事業者の方たちでした。これは、いわゆるIT技術や手法に通じていてもそれは単に「各論」であって、企業として業績を上げるという広い知見と経営経験が必要な「総論」とは異なるからです。

実際の現場では多くの場合、売れない理由といえば販売・提供されている商品・サービスの競争力の低下が原因です。

インターネットの普及に伴い、競合他社はもちろんユーザーも多くの情報を一瞬で、そして詳細に取得できるようになりました。よって検索結果を上から見ていくだけで、貴社のサービスだけではなく多くの競合他社のサービスも確認し、わずかな時間で比較対象が行われ購買行動へと遷移します。

こうした情報環境の変化によって競争優位性を長期間維持し続けることは大変難しくなっており、企業は常に変化を求められているのです。

必要なのはweb「の」マーケティングではなくその上位に位置すべき本質的かつ根本的なマーケティング戦略であり、それを効果的に認知させアクションへと推移させるインターネット上での戦術ということになります。同時にこれがきちんと収益を生み出せるものになるのかどうかの検証も必要になります。

私たちがweb「の」マーケティングではなくweb「と」マーケティングなのだ、と言うのはこのためです。

test

-->

プレスリリース・商品情報

お知らせ

ブログ



アーカイブ

カテゴリー